コーヒーミル選び方

コーヒーミルの選び方 - グライディング式とカッティング式



グライディング式
グライディング式コーヒーミルは、臼歯と呼ばれる鈍角な刃が付いていて豆を磨り潰す粉砕方式で、挽き方を調節しやすいのが特徴です。

ただ、電動の臼歯式の場合、摩擦熱が発生してコーヒーの風味を飛ばしてしまう事があると言われています。

グラインドミルは、カッティング式に比べて安いという利点もあります。

安いものなら5,000円くらいで売っていますが、あまりに安いものだと粗悪になりがちなので、それなりのコストは払うべきでしょう。


プロペラ回転式(羽根刃式)
プロペラ式の電動ミルも手軽に挽けてよく販売されています。

「豆が熱を持つ」と言われ、悪者扱いされることが多いのですが、挽いた豆を触っても熱くないのが不思議です。


カッティング式
カッティング式は2枚の刃でコーヒー豆を切って粉砕するのが特徴です。

業務用のコーヒーミルの殆どは電動のカッティングミルが使われています。

2枚の円盤に刃が付いていて挟み込んでコーヒー豆を切ります。

細挽きでも熱の心配なく挽けますが、臼歯式に比べ微粉が多く生じるのが問題です。


コーヒーミルの選び方のポイントの一つとして、臼歯式でカッティング式でも、刃が丈夫なものを選ぶ事が重要です。

豆の焙煎の具合や量によっては刃が回りづらくなり、コーヒーミルの内部を破損させて使いものにならなくしてしまう事があるからです。









プライバシーポリシー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。