コーヒーミル選び方

おすすめのコーヒーミル選び

電動ミルが実用的でも、やはり手動がいいと思われる方はメリタコーヒーミルクラッシックがインテリア的にも価格的にもおすすめです。


電動ミルでロングセラーの名品は、カリタナイスカットミルでしょう。

カッティング方式で小規模の喫茶店でも使用できるほどの能力があります。

家庭用としては、ちょっと贅沢かも知れませんが、値段分の価値はあり、味もいいです。
交換部品も豊富に揃っているので長く使うには安心です。


富士ローヤルみるっこDXも評判がいいです。

国産コーヒー機器メーカー「富士ローヤル」の小型電動ミルです。

モーターの回転に伴う精度感と振動のない静かさに驚かされ、その価格も納得できると思います。

挽いたときの豆の粒の揃いは抜群で、家庭ではこれ以上のコーヒーミルは必要ないほどのオーバークオリティです。


あと、挽き刃にセラミックを使った、カリタC−90セラミックミルも人気です。

使いはじめは味にやや角が立つところもありますが、こなれていくうちにまろやかさが出てきます。

価格もやや手頃で、電動ミルでは一番多く売れています。


意外と思われるかも知れませんが、コーヒーの味に一番大きく作用するのがコーヒーミルです。

ご家庭でコーヒーミルを使われるという事だけで、かなりコーヒーにこだわりを持たれているという事でしょうから、ちょっと贅沢感のある名品もご紹介させていただきました。

毎日の癒しの時間、コーヒーブレイクを楽しんでください。

コーヒーミル選び方

コーヒーミルのお手入れの仕方

コーヒーミルの弱点には、豆を挽いた時に出る微細なコーヒー粉があります。
手動式でも電動式でも、このコーヒー粉が駆動部分に入り込むと動きが鈍くなってしまうのです。

そのため、コーヒーミルは使った後の洗浄を必ず行う必要があります。

そこで、洗浄しやすい構造のものを選ぶ事なポイントです。

今は、ガラスとプラスチックを主に使って作られたセラミックのコーヒーミルもあり、これなどは簡単に水洗いが出来ます。

京セラやハリオから比較的安価で販売されています。


水洗い出来ない、従来のコーヒーミルのお手入れ方法は・・・
付属のブラシ(歯ブラシでも代用できます)で、上側の豆を入れる部分(ホッパー部)と受け箱を掃除します。

刃の内部や回転部分はコーヒーに含まれている微量の油分で滑らかになりますので、洗う事や薬品を使うのは避ける方が良いようです。

毎日使い続けることが最大のお手入れになるという事です。


それでも気になる方は、よく絞ったフキンで拭いた後、充分に乾かしてから使って下さい。

分解したら、普通に洗えますが、購入した業者にお願いした方が無難かも知れません。

コーヒーミル選び方

コーヒーミルの選び方 - グライディング式とカッティング式

グライディング式
グライディング式コーヒーミルは、臼歯と呼ばれる鈍角な刃が付いていて豆を磨り潰す粉砕方式で、挽き方を調節しやすいのが特徴です。

ただ、電動の臼歯式の場合、摩擦熱が発生してコーヒーの風味を飛ばしてしまう事があると言われています。

グラインドミルは、カッティング式に比べて安いという利点もあります。

安いものなら5,000円くらいで売っていますが、あまりに安いものだと粗悪になりがちなので、それなりのコストは払うべきでしょう。


プロペラ回転式(羽根刃式)
プロペラ式の電動ミルも手軽に挽けてよく販売されています。

「豆が熱を持つ」と言われ、悪者扱いされることが多いのですが、挽いた豆を触っても熱くないのが不思議です。


カッティング式
カッティング式は2枚の刃でコーヒー豆を切って粉砕するのが特徴です。

業務用のコーヒーミルの殆どは電動のカッティングミルが使われています。

2枚の円盤に刃が付いていて挟み込んでコーヒー豆を切ります。

細挽きでも熱の心配なく挽けますが、臼歯式に比べ微粉が多く生じるのが問題です。


コーヒーミルの選び方のポイントの一つとして、臼歯式でカッティング式でも、刃が丈夫なものを選ぶ事が重要です。

豆の焙煎の具合や量によっては刃が回りづらくなり、コーヒーミルの内部を破損させて使いものにならなくしてしまう事があるからです。



コーヒーミルのおすすめの選び方 電動と手動

家庭で美味しいコーヒーを楽しむには、コーヒーミルの選び方は極めて重要です。

抽出器具の中では一番重要と言っていいでしょう。

挽いてから時間のたった豆と、挽きたての豆は全く違います。

挽いてから時間の経った高い豆より、挽きたての安い豆の方が美味しいと言ってもいいくらいの違いがあります。

そこで、コーヒー好きな方に、ぜひ力を入れていただきたいコーヒーミルの選び方についてご紹介します。


コーヒーミルは大きく分けて「手動ミル」と「電動ミル」があります。


手動ミルは、レトロな雰囲気がおしゃれでいいものの、あまりお勧めしません。
手で豆を挽くのは意外と大変で時間がかかる上、ミルの調節が面倒です。

コーヒーを飲むたびに挽くのは面倒くさくなりがちです。

雰囲気がよくインテリアにもなる手挽きミルですが、大手メーカーのコーヒーは豆質が小石のように固いものが多いので、挽くのに力が入り、疲れていまいます。

手動ミルはよく火がとおった良質な豆にしかむかないのです。


一方、電動ミルは楽に豆を挽けるのでおすすめです。

毎日飲むコーヒーは可能な限り美味しく楽に淹れたいものです。

電動のコーヒーミルには、カッティング式とグライディング式などがあります。

ここで、その違いと特徴をちょっと説明します。






プライバシーポリシー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。